【保健室】椎間板ヘルニア

一般的に椎間板ヘルニアと聞くと、怖いイメージがあると思います。病院で椎間板ヘルニアと診断された方が、当院にも多く来院されていますが、良い状態から急に椎間板ヘルニアになることはありません。日頃からの腰の痛みや、重い・だるい程度の状態が進行する事により、いずれ椎間板にまで障害が及んでしまうのです。

当院では以上を踏まえ、椎間板ヘルニアと診断された方や、疑いのある方に対しても特別な施術方法をとりません。なぜなら、本来の痛みやシビレの原因が椎間板ヘルニアではなく、そこまで悪化してしまった腰(体)にあると考えるからです。

患者さんや私達治療家の中にも『椎間板ヘルニアが神経を圧迫することで痛みやシビレが出る』と解釈している方が多いと思います。しかし多くの臨床経験から見ると、神経が圧迫されるというよりも、引っ張られることにより神経症状が出るのではないかと私達は考えています。その考えを踏まえた治療により実際に高い効果を挙げています。

重度の方の場合、最初は腰や足の痛みが強くベッドにうつ伏せに寝ることすらできなかったり、駅から5分の距離を倍以上かかってしまう方もいらっしゃいます。しかし、放置していれば悪くなるばかりですから、できるだけ早い時期での治療が望ましいと思います。