【保健室】不眠

 睡眠とは単に目を閉じて横になることでなく、その間に記憶の整理・定着や身体の修復・補正などの重要な作業を行っています。一生のうちの約1/4~1/3は睡眠状態にあるのですから質の良い睡眠がとれるかどうかが人生を左右すると言っても過言ではないのです。

 当院においても睡眠障害で悩んでいる方が多く来院されています。そういう方に共通して見られるのが、首や肩を中心とした凝りやその凝りから引き起こされる骨格の歪みです。

 実はこの凝りや歪みが原因となって引き起こされる睡眠障害が多いのです。前述の通り身体は寝ている間に修復・補正をしていますから、眠れないと凝りや歪みが取れずさらに寝づらくなるという悪循環に陥ってしまうのです。

 眠れないというのも立派な身体の状態を示すサインなのです。薬に頼る前に、また薬を止めたいけど止められない方は是非一度ご相談ください。